言い間違い…それは深層心理の現れ

言い間違いって誰でもします。しかし、その心理には大きな裏が隠れているのです。心理学で言い間違いは錯誤行為と呼ばれ、無意識に本音が現れていると捉えられます。

意識している意図があるのに無意識に妨害する意図がぶつかり合うことで言い間違いは起こるとされています。例えば朝の挨拶は普通「おはようございます。」だと思いますが、言い間違いで「お疲れ様でした。」といった人がいます。

これは本音では今すぐにでも家に帰りたい。仕事が終わって欲しいといった心理の働きからくる言い間違いです。要は言い間違いとは深層心理と捉えても良いと思います。

同じく男女関係でも同じ。もし約束をしている時間に遅れてくる。来なかったといった場合、相手はあなたと会いたくないといった気持ちの現れかもしれません。

すぐに約束を破ることもそうです。
もしかしたら相手は無意識にあなたとの約束を嫌がっている。面倒だといった思いから約束自体が自分の中ではなかったことになっている可能性もあります。

ただし、人には本当に忘れっぽい人もいますし、深層心理とは違っておっちょこちょいの人だっています。女性に至っては男性に比べても身支度が長いので約束の時間に遅れることなんてしょっしゅうです。

あまりに意識をしすぎてしまうとストレスが溜まるので予備知識として閉まっておいた方が神経質な方は良いかもしれません。

しかし、時にはこの言い間違いで未来の予想ができるなど面白い事象もあります。深層心理による試行錯誤というのは未来の自分を語っている場合も多分にあるからです。

MENU

Copyright (C) ココロの占いトキドキ恋愛ブログ All Rights Reserved.